三日坊主の原因は脳の仕組みにあり!解決策も紹介します

書評

何事も続かないなぁ。

いままで色んなことに挑戦したけど全部三日坊主だし・・・

何でこんなにも飽きっぽいんだろう。

原因が知りたいな。

こんな疑問に答えます。

先日僕はこんな本を読みました。

「のうだま」

脳研究者である池谷裕二(いけがや ゆうじ)さんとイラストレーターの上大岡トメさんのコラボです。

脳のやる気の秘密がマンガで分かりやすく書かれています。

三日坊主の原因は脳の馴化=マンネリ化です。

三日坊主の原因は脳の仕組みにあり!解決策も紹介します

馴化とはある刺激がくり返し提示されることによって、その刺激に対する反応が徐徐に見られなくなっていく現象(馴れ、慣れ)を指す。

ウィキペディアより引用

何やら難しく書いてありますが要はマンネリ化です。

例えばコップを生まれて初めて見たとしたら「すげぇー!!水が漏れないんだー」とか「キレイだなー」とか大きく感動します。

でも毎回見るものすべてに大きく感動していたら疲れてしまいます。(世の中はコップだけでもないですし)

だから脳が一度見たものを「馴化」して「当たり前」のモノとして処理するのです。

これがマンネリ化です。

飽きるということは人が生きていくうえで必要な脳の仕組みですから必ず起こります。

やり始めた最初はなにごとも新鮮で楽しいですが三日もするとマンネリ化して飽きてきます。

楽しくてやり始める

楽しいことがマンネリ化

飽きる、つまらない

という図式が成り立ってしまいます。

三日坊主になる原因は分かったので次は解決策を見ていきましょう。

三日坊主の原因を解決!もう一つのマンネリ化を利用してやることを習慣化しよう

どんなに楽しいことや贅沢も脳が慣れてマンネリ化すると飽きてしまいます。

逆にマンネリ化は継続するパワーも生み出してくれます。

めんどくさいけどしなくてはいけない

めんどくささがマンネリ化

慣れる

習慣化

という図式が成り立ち、一度習慣化してしまえば今度は逆にしなければ気持ち悪いとか、何か物足りないと感じるようになります。

分かりやすいのがハミガキで、子どものころはハミガキって親に言われないと忘れたり、めんどくせーなとか思っていましたが、いつの間にか当たり前になって、しないと気持ち悪くなっていました。

見事にめんどくささが続けることによってマンネリ化して習慣化したおかげです。

三日坊主にならないために:「やる気」が出てくるのを待つのは時間の無駄です。

三日坊主の原因は脳の仕組みにあり!解決策も紹介します

人はやる気が出てきたから身体を動かしている・・・✖

人は身体を動かしたからやる気が出て来る  ・・・〇

脳は頭のなかで閉じ込められているので外の世界のことは分かりません。

そこで身体や五感を使って脳に刺激を与えてあげると次第に脳が活性化していきます

ドイツのエミル・クレペリンという学者が「作業興奮」と名付けたそうです。

僕の経験で一番に思い浮かんだことは、年末の大掃除です。

普段、家の掃除は奥さんに任せっきりになっている部分がありますが、年末の大掃除だけはそういうわけにもいきません。

やり始めるまではものすごーくめんどくさいのですが、やらないと終わらないし半ば無理やり掃除を始めると、なんだか調子が上がってきて一生懸命掃除をやっています。

気が付けば一日中掃除をやって、普段ならしないようなところもキレイにしてしまいます。

その時には始める前のめんどくささなんてどこかに吹き飛んでしまっています。

「やる気のメカニズム」を知って今までの不思議な感じがなるほどと納得しました。

やる気は脳からは出てきませんがやる気になっているときに活性化している部分はあります。

それが脳の中の「淡蒼球」という部分です。

本書のタイトルの「のうだま」の由来になっていると勝手に思っています。

もしくはだますとか・・・

やる気を引き出すには「淡蒼球」をだますしかない

脳の中には手や足など意識して動かせる部分と

心臓や内臓など無意識で動いている部分があります。

「淡蒼球は」自分では動かせない無意識の部分です。

だからやる気を待っても出てこないのは当たり前で、こちらから「淡蒼球」に刺激を与える、つまりはうまくだます必要があるのです。

淡蒼球を動かすためのスイッチは4つもあります。

  • 身体を動かす(とにかく作業を始めてみる)
  • いつもと違うことをする(場所を変える、例:カフェ、会社の会議室など)
  • ご褒美を与える(ご褒美をもらってうれしいという快感は癖になる)
  • なりきる(脳はだまされやすい。思い込みが強いほどその気になる)

4つのうちどれか1つでもスイッチが入れば淡蒼球もつられて動き出します。

三日坊主の原因、解決方法まとめ

三日坊主の原因はマンネリ化です。

脳の仕組み上だれでも必ず起きます。

だから飽きっぽくても落ち込んだり、気にする必要は無いのです。

やる気は待っても出てきません。

自分から迎えに行くのです。

めんどくさくても続けることで習慣化してしまえばしめたものです。

今、何かを始めようと思っている人やすでに始めている人、様々ですがマンネリは必ず起きます。

脳の仕組みを知って心の準備ができていたら、いざマンネリが襲ってきた時に乗り越えやすくなります。

僕もこれからマンネリ、めんどくさいに負けないように頑張っていきたいです。

あなたもマンネリに打ち勝って今やっていることが続けられるように一緒に頑張っていきましょう!

池谷裕二さんと上大岡トメさんの作品はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました